ドラクエライバルズのデッキについての攻略情報を紹介。

デッキの組み方やコツについての最新情報!

 

 

強いデッキの組み方・コツについて

デッキについて

 

カードゲームのデッキは、ただ強いカードを集めて作るだけでは絶対に勝てません。

強いカードは大抵、出すための「コスト」が高く、ゲーム開始直後は使えないことが多いです。

 

なので、低コストで召喚可能なカード等をバランスよくデッキに組み込むことが勝利のポイントとなります。

 

 

デッキ上限の30枚の内訳を各コストバランスよく編成することによって、序盤から終盤にかけてスムーズゲームを進めることが出来ます。

デッキバランス

デッキカード一覧表示画面の左下にあるグラフは、デッキ内カードのコスト別内訳となっております。

 

ゲームに慣れるまではこのグラフがバランスよく、「ピラミッド型」になるようにデッキを組んでみましょう!

慣れてきたら、自分の使いたいカード、戦略に合わせて様々なデッキ編成を試していくと更にゲームを楽しめます!

 

 

 

ユニットカード中心のデッキ構成が鉄板

 

ドラクエライバルズのカードには、いくつかの種類がありますが

基本的に多く使うことになるカードは「ユニットカード」というもので、場にキャラクターやモンスターを登場させることが出来るカードです。

 

その他「呪文」や「特技」「装備」などのカードは、ユニットカードを強化したり、相手のユニットにダメージを与えたりすることが出来る、いわゆる”魔法カード”ですので、デッキ内には数枚のみ入れるようにしましょう。

 

ユニットカードがあまりにも少なすぎると、圧倒的に不利な状況になってしまうことが多いので注意が必要です。

 

 

ゲーム性にもよりますが

デッキ上限30枚のうち、「20~25枚」ぐらいはユニットカードで構成するのが一般的かと思います。

 

 

関連情報

 

最強リーダーおすすめデッキランキング【最新版】

 

こちらもデッキ構築の参考にしていただけたら幸いです!

 

             

攻略情報まとめ

?J?[?h?ꗗ ?o?g?????[??
???[?_?[?ƕK?E?Z ?J?[?h?p?・ width=