ドラゴンクエストライバルズのバトルシステムについて紹介していきます。

ドラクエライバルズでは、30枚1組のデッキを使用したカードバトルを行います。

 

 

カードについて

 

ドラクエライバルズには様々なカードが存在します。

大人気ドラクエシリーズの世界観を忠実に再現したカードは、それぞれのキャラクターの特徴を反映した多彩な特徴があります。

 

効果を見極めて、自分だけのオリジナル最強デッキを目指しましょう。

 

デッキについて

▲デッキ画面

 

デッキの組み合わせは無限大!

自分のプレイスタイルに合ったデッキを見つけるのも楽しみの1つですね。

 

 

[カードの入手方法]

カードの入手方法について

ドラクエライバルズのカードの入手方法は

 

1.カードパックの購入

2.錬金石を使用して錬金

 

この方法がメインになってきます!

カードパックは、ゲーム内通貨や課金アイテムによって購入可能になる模様。

「錬金石」については、不要なカードと交換で入手することが可能で、一定数溜まると好きなカードを選んで交換できるようになります。

 

 

基本ルールまとめ

ドラクエライバルズの基本ルールが公開されました!

 

デッキの枚数は30枚

同名のカードは2枚までデッキに編成可能(レジェンドカードのみ1枚まで)

先行プレイヤーの初期手札は「3枚」

後攻プレイヤーの初期手札は「4枚」+テンション+2状態

毎ターン1枚ずつドロー

HP(リーダーのライフ)は「25」スタート

MP(コスト)はターンが過ぎるごとに上限が増える

相手リーダーのHPを0にすると勝利

 

重要そうなところは赤文字で。試験に出ます。

 

 

カードの配置について

カード配置マス

 

ドラクエライバルズのカード対戦では、縦3マス横2マスの計6マスにカードを配置することが可能です。

 

配置する場所によって効果が様々。カードの特性を見極めて最適な場所に配置できるかどうかが勝利のカギとなります。

 

 

 

[カード配置のコツ]

 

その①:ユニットを前後に並べる

カード配置について

 

ユニットw前後に並べることによって、後ろへの攻撃をブロックすることが出来ます。

HPの低いユニットは後列への配置がおすすめです!

 

 

その②:ユニットを上・中・下段に配置

上中下段にユニットを配置

 

ユニットを縦一列、上・中・下段に1体ずつ配置することで「ウォール」と呼ばれる効果が発動します。

 

ウォールが発動している間は、リーダーへの攻撃を防いでくれるので、積極的に完成させていきましょう。

 

 

その③:ユニットはどのマスへも攻撃可能

 

ユニットをどこに配置したとしても、どこのマスにいる相手にも攻撃が可能。

 

※リーダーへの攻撃については調査中

 

 

テンションシステムについて

テンションシステムについて

ドラクエシリーズでもお馴染みとなりつつある「テンション」システム。

ドラクエライバルズでも非常に重要な役割を持っています。

 

プレイヤーは毎ターン1回まで、「MP1」消費することで「テンションアップ」のカードを使用できます。

テンションアップのカード

この効果によって、リーダーのテンションが+1されます。

リーダーのテンションゲージが貯まり、「3以上」になると各リーダー毎の異なる「テンションスキル」を発動することができます。

 

最大まで溜めることによって、超強力な「必殺技」を使うこともできます。

 

 

 

ユニット特有の様々な効果が存在

 

カードの種類によって、様々な特有の能力を持っているものがあります。

状況に合わせてうまく立ち回り、戦況を見極めましょう。

 

▲地獄の帝王エスタークの特殊能力は…?

 

 

その他

 

その他のバトルシステム詳細もわかり次第追加していきます!

             

攻略情報まとめ

?J?[?h?ꗗ ?o?g?????[??
???[?_?[?ƕK?E?Z ?J?[?h?p?・ width=